austin neon_s

テキサスの街 Austin -オースティン- 第1回

こんにちは。マイテキサス不動産です。

今日は、テキサス州の州都、オースティンにフォーカスしてみたいと思います。

austin map

 

オースティンは、共和党のお膝元で、保守的な土地柄と思われているテキサス州の州都であるにも関わらず、実際は、LGBTに対しても寛容という、かなりリベラルな気風であり、アートと音楽に溢れた街です。

 

austin_street musician

 

オースティンのメインストリートである6th Stは、ライブミュージックのメッカとしても知られ、数々のライブハウスでは、カントリー、ブルースからサルサまで、あらゆるジャンルの音楽のライブを楽しむことができます。

また、2nd St ディストリクトは、ファッショナブルな衣料品やアクセサリーなどのお店が軒を連ねるファッションエリア。
ウォールアートのイベントで彩られたアート壁画もあちらこちらに。

 

painting mural

 

オースティンには、こうした気風をよく表すスローガンがあります。
それが、「Keep Austin Weird」です。

 

keep austin weird

 

Weirdは、「変な」、「不思議な」、「おかしい」といった意味がありますが、このスローガンでは、「変わっている」→「他とは異なる魅力がある」といったニュアンスでこの言葉が使われているようですね。

このスローガンのもと、個性に溢れたまちづくりのキャンペーンが行われていて、この企画に賛同した地元の中小企業の制作による様々なオリジナルグッズも販売されています。

特にこのスローガンのバンパーステッカーを貼った車は、オースティンの街で良く見かけます。

オースティンは、街ぐるみで、この「変な」スローガンを推進しているという、もはやリベラルを超えた、非常にユニークな価値観を持った街ですね。

 

Empty_stage_at_SXSW_2014

 

そして、オースティンと言えば、忘れてはならないのが、毎年3月に開催されるSXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)という、ITと音楽、フィルムの3つをテーマにした各種イベントが街中で繰り広げられる、世界的に有名なフェスティバルです。

オースティンコンベンションセンターをメイン会場とし、ホテルなど街の色々な場所にもカンファレンス会場が設けられ、ライブパフォーマンスの他に、セミナー、パネルディスカッション、ビジネストレードショー、ビジネスコンテスト、ベンチャー企業のショーケースなど、単にフェスティバルと一括りにすることができないぐらい、コンテンツが盛りだくさんのイベントです。

 

sxsw_street

 

元々はインディーズの音楽イベントとして1987年にスタートしたものでしたが、今ではマルチメディアの祭典として、毎年10日間の開催期間に20万人以上を集めるという、世界最大規模のフェスティバルとなっていて、しかも、その規模は年々拡大しつつあります。

ちなみに、今年の開催は、3/9〜3/19です。(詳しい内容は、https://www.sxsw.com/ )

このイベントをきっかけに、インタラクティブ部門ではTwitterやTumblr、Foursquare、Pinterestなどが、世界的に注目を集めるようになりました。

twitter logo

 

こうした流れもあり、やはり毎年インタラクティブ部門の注目が非常に高く、将来性のあるITベンチャーが参加するイベントとしても毎年注目されています。

そして、従来の、インタラクティブ部門、フィルム部門、ミュージック部門の3部門に加えて、2017年から正式に「コメディ部門」が設置されることになったので、今後は世界的なコメディアンがこのフェスから誕生するかもしれませんね。

 

AustinPostCard

 

なぜ、このような世界的なイベントがテキサス州オースティンで開催されているのか、そこには、前述の「Keep Austin Weird」という、独自色を尊重する、自由な気風が大きく関係していると言われています。

SXSW = South By South West というのは、ニューヨークから見て、テキサスが南南西にあるために付けられた名称だそうです。

このフェスがスタートした当時は、ニューヨーク開催の「ニュー・ミュージックセミナー」というイベントが世界最大の音楽コンベンションであり、SXSWは、このニューヨークのメジャーなイベントとは真逆の、インディーズのミュージシャンたちのイベントとして始まっています。

そして、SXSWが世界規模のフェスとなった現在でも、メジャーではないけれど、キラリと光る独自性を持つインディーズがとても評価されるのは変わらないのだそうです。

Weirdであることに価値を認めることができるオースティンだからこそ、こうしたイベントを街全体で支援、協力し、発展させることができたのだと思います 。

Keep Austin Weirdを掲げるユニークな街、オースティンの魅力は、まだまだこれだけではありません。

次回もどうぞお楽しみに。

 

Austin_Map_TDAT_new.jpg

(Maps by Rhianna Lederman Wurman)

 

さて、マイテキサス不動産が各地で定期的に開催しているセミナーでは、テキサス不動産、アメリカ不動産を購入、管理する上での大切なポイントについて、アメリカ不動産取引のエキスパートが丁寧に解説しています。

また、セミナーでは、テキサス不動産の販売物件のご紹介や、日本でのローン手続きについてのご説明なども同時に行っておりますので、具体的なご相談をしていただくことも可能です。

テキサス不動産の具体的な物件については、ご紹介後にすぐ決まってしまうケースが多く、なかなか多くの方にご紹介するチャンスがないのが現状です。
今のところ、販売中の物件の最新情報は、セミナーでご確認いただくのが最も確実な方法です。

 

gentousha_seminar_osaka

 

現在、各地で開催予定のセミナーの詳細については、下のリンク先でご覧ください。

マイテキサス不動産投資セミナー&相談会

幻冬舎主催出版記念セミナー

各セミナーとも、定員数に達した時点で受付を終了いたしますので、ご希望の方はお早めに、各ページのお申込フォームからご連絡下さい。

メールでのお問合せは、info@mytexasfudosan.comにお願いします。
また、こちらのメールフォームからも簡単にお問い合わせできます。