income gain

テキサスが不動産投資先として注目されている理由<その4>

こんにちは。マイテキサス不動産です。

今回は、テキサス不動産3大メリットの3つ目、インカムゲインについて、お話します。

 

Hand writing Rental Income with marker, concept background

インカムゲインとは、資産を保有することによって、安定的、継続的に入ってくる収入を指します。

資産が株式であれば、配当ですし、不動産であれば、家賃収入となります。

cashflow_house

 

不動産を賃貸に出すことで得られる家賃収入が、安定的、継続的であるためには、やはり、テナントが途切れること無く入居している状況が必要となります。

Young realtor is giving the keys to an apartment to a young couple, maybe the purchaser or the tenants

 

人口減少が叫ばれて久しい日本国内の状況について見てみると、賃貸を含めた住宅の空き家率が年々増加してきており、住宅需要の低下がどんどん進んでいることがわかります。(下図, 出典:野村総研第236回メディアフォーラム「2030年の住宅市場」)
この試算によると、2033年には、なんと空き家率は30%以上になると予測されています。

nri_forum236_p13

 

nri_forum236_p14

(それぞれの画像をクリックすると、別ウィンドウでPDFファイルが開きます。)

 

日本で不動産を所有していても、近い将来を考えると、インカムゲインを得ていくことが非常に難しくなることは容易に想像できますね。

low population

 

これに対し、テキサスはどうでしょうか。
人口増加、そして急成長を続けるテキサスを裏付ける資料は、今までのブログでもいくつかご紹介していますが、今回は、Census(アメリカの国勢調査)が発表している、全米の人口増加都市ベスト20のランキングをご覧いただきたいと思います。
(引用:”Texas Keeps Getting Bigger” 3/24/2016 by Census)

texas_growing

(画像をクリックすると、別ウィンドウでPDFファイルが開きます。)

1位ヒューストン、2位ダラス・フォートワース、14位オースティン、15位サン・アントニオと、20都市中にテキサス州の4都市がランクインしています。
ここに出ている数字は、2014年から2015年の1年間で増加した人口数です。
ヒューストンやダラスは、1年で増えた人数が10万人以上(!)です。

Business People Sitting Growth Success Winner Concept

実はテキサスは、カリフォルニア州に次いで全米2位の人口であり、且つ、人口増加を続けている州なのです。
GDPも、カリフォルニア州に次ぐ全米2位の規模(約1.4兆ドル)です。

また、テキサスは、カウボーイのイメージ通り、酪農や農業も盛んな土地ですが、それと同じぐらい、ハイテク産業やエネルギー産業、自動車産業、航空宇宙産業、商業、サービス業など、様々な産業におけるリーディングカンパニーの数々が本社・本拠地や大規模拠点を置いている州なのです。

Little workers repairing motherboard. Technology concept

例を挙げると、デル、テキサス・インスツルメンツ、AT&T、コンチネンタル航空、アメリカン航空、サウスウエスト航空、エクソンモービル、ホールフーズ・マーケット、ゴールドジム、フリトレー、ミニッツメイド、キンバリー・クラーク、J.C.ペニー、ディッキーズ、ドクターペッパーなどなど。

テキサス州プレーノにトヨタの米国本社が移転したニュースはよく知られていますが、それ以外にも、近年はテキサスに米国本社を置く日系企業が続々と増えています。

米国三菱重工を始めとする三菱重工グループの米国法人各社や、クボタ、ダイキン工業傘下のGoodman社などが本拠地を構えていますし、NTTコミュニケーションズやNEDO(国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)のデータセンターも設置されています。(テキサス州は、データセンター市場でも急成長していて、全米4位の規模です。Facebookのデータセンターもテキサスにあります。)

Computer Network Digital Connection Technology Concept

このように、あらゆる産業の拠点が集中しているからこそ、テキサスの人口増加、成長が続いていると言えます。

不動産賃貸を考えるのであれば、人口増加→住宅需要の高さ、は必須項目です。
住宅需要が高くなければ、不動産での投資利回りの根幹である、安定、継続した家賃収入、つまりインカムゲインを見込むことが難しくなります。

Young businessman surprised at high interest mortgage rates

そして、アメリカは情勢不安の要素がとても低いこと、基軸通貨としてのドルの安定性も、継続的なインカムゲインを下支えしてくれる要因です。

マイテキサス不動産が各地で定期的に開催しているセミナーでは、インカムゲインを着実に積み上げていくために必要な 、購入後の物件管理の大切なポイントについて、アメリカ不動産取引のエキスパートが丁寧に解説しています。

また、セミナーでは、テキサス不動産の販売物件のご紹介や、日本でのローン手続きについてのご説明なども同時に行っておりますので、具体的なご相談をしていただくことも可能です。

テキサス不動産の具体的な物件については、ご紹介後にすぐ決まってしまうケースが多く、なかなか多くの方にご紹介するチャンスがないのが現状です。
今のところ、販売中の物件の最新情報は、セミナーでご確認いただくのが最も確実な方法です。

 

Reavans主催フライヤー_A4_170218六本木 (1)

 

現在、各地で開催予定のセミナーの詳細については、下のリンク先でご覧ください。

マイテキサス不動産投資セミナー&相談会

幻冬舎主催出版記念セミナー

各セミナーとも、定員数に達した時点で受付を終了いたしますので、ご希望の方はお早めに、各ページのお申込フォームからご連絡下さい。

メールでのお問合せは、info@mytexasfudosan.comにお願いします。
また、こちらのメールフォームからも簡単にお問い合わせできます。