unnamed (39)

春の祭典 Fiesta San Antonio

皆さん、こんにちは。

マイテキサス不動産です。
unnamed (2)
今週の4/20から、サン・アントニオで最も盛大なイベントといわれる、Fiesta San Antonio 2017が開催されます。
https://www.fiesta-sa.org/

Fiesta San Antonioは、毎年4月の下旬に11日間、朝から深夜に至るまで、文化遺産、食、アート、音楽、教育、ファッション、スポーツなどなど、全部で100以上のイベントが市内の各地で開催されるイベントです。祭典の起源となったパレードが行われたのは1891年なので、実に120年以上の歴史のあるお祭りなのです。

unnamed (40)

期間中350万人以上を集客し、経済効果284百万ドル(2007年開催時の調査結果)というビッグイベントとなったFiesta San Antonioですが、もともとは、サン・アントニオの議員夫人がスペインの花祭りをヒントに、テキサス独立戦争の際(特にアラモの砦の戦いとサンジャシントの戦い)の勇者を称えるために企画した、花のパレードが始まりです。開催当初は、色とりどりの花を飾った荷台を引く馬や、花でデコレーションされた自転車、子供たちを乗せたフロート車などによるパレードが行われたそうです。

実はこのお祭り、企画から、その開催まで、すべて女性ボランティアたちの手によって行われた、アメリカ初のパレードとされています。
現在では、カリフォルニア州のローズパレードに次ぐ、全米第二の規模のパレードです。
unnamed (41)
花のパレードは今でも、The Battle of Flowers Paradeという、Fiesta San Antonio期間中に開催される人気のイベントの一つとして続いています。
このパレードは、1891年に組織されたThe Battle of Flowers Associationという団体が主体となって行っていて、パレードの他にも、学生弁論大会、エッセイコンテスト、サン・アントニオとその周辺にある30以上の高校の生徒たちによるマーチングバンドフェスティバルを主催しています。
http://www.battleofflowers.org/
unnamed (42)
Fiesta San Antonioの運営管理を行っているのは、1959年に組織された、フィエスタ・サン・アントニオ運営委員会という非営利団体ですが、市と市民が全面的な協力体制を敷いて、その開催をサポートしています。運営委員会と所属する賛助会員、市(市街地管理、公園・イベント管理、ゴミ回収・清掃など、市役所の各関係部署)、警察、市民ボランティアが共同で、100を優に超える各イベントの企画、プロモーションから、開催時の現場管理、後片付けまでを一貫して行っているのです。
unnamed (43)
運営委員会は、賛助会費やイベント関連の売り上げによって、自らで運営資金を調達、管理していて、しかも、他の地元非営利団体(PTAやボーイスカウト、ガールスカウト、文化サークルなど)への経済的支援も行っています。こういったことも、市や市民と運営委員会が理想的な協力体制を組んで、イベントを開催することができる背景になっているのかもしれませんね。
全米でも有数のイベントとなったFiesta San Antonioの動員数は、350万人以上と発表されていますが、その20%以上が州外や海外からの訪問客だそうです。

日本の皆さんも、来年の参加を計画してみてはいかがでしょう?