header_newsletter2017_0530

テキサンの「ふるさとの味」と言えば・・・

皆さん、こんにちは。マイテキサス不動産です。

illustrated burger

アメリカ人のソウルフードと言ってもいい食べ物、それはやはり、ハンバーガーでしょう。
ハンバーガーにまつわる様々な情報を発信しているburgerweb.comによると、

・アメリカで年間に消費されるハンバーガーの数は、およそ500億個。
・ハンバーガービジネスの市場規模は730億ドル。
・アメリカ国内だけで50,000軒以上のハンバーガーショップが存在する。
・アメリカの全レストランのうち、約7.5%がハンバーガーショップである。
・ハンバーガーショップの店舗数が多い州のランキングは次の通り。1位カリフォルニア、2位テキサス、3位フロリダ、4位オハイオ、5位イリノイ。
・レストランで消費される牛肉料理のうちの71%がハンバーグ様式のものである。
・マクドナルドは毎年10億パウンドのハンバーグ用肉を購入している。
・販売されている全てのサンドイッチのうち、大体60%ほどがハンバーガーである。
出典:burgerweb.com http://www.burgerweb.com/burger-statistics/

ということだそうです。
アメリカの人口は3億人超ですから、赤ちゃんからご老人までのすべての世代の人で割ったとしても、一人当たり年間160個以上消費しているということになるのでしょうか?

eating burger

だとすると、アメリカの人は、少なくとも2日に1食程度はハンバーガーを食べていることになりますね。
日本人の想像を遥かに超えた数字です。

さて、このように、アメリカ人にとって、最も身近な食べ物の一つであるハンバーガー。
上のデータにもあるように、外食メニューとしても非常にポピュラーなもので、多店舗展開しているチェーン店も本当にたくさんあります。

アメリカの食や旅、エンターテインメントなどの情報を発信しているオンラインメディアのThrillist.comに非常に面白い地図が掲載されています。
https://www.thrillist.com/eat/nation/most-popular-american-burger-chains-map-in-n-out-sonic-five-guys

The Great American Burger Chain Map (出典:Thrillist)
The Great American Burger Chain Map (出典:Thrillist)

これは、アメリカ国内で、地域別に人気の高いハンバーガーチェーンをマッピングしたものです。
例えば、前述のハンバーガショップ店舗数ランキング上位5位の各州では、下記の各チェーンの人気が高いそうです。

カリフォルニア州:Carl’s Jr., In-N-Out

CarlsJrGreenBurrito

In-N-Out_Burger_sign,_Los_Angeles

 

テキサス州:Whataburger

whataburger sign

 

フロリダ州:Checkers

Checkers_209_Dollar_Philly_Sub_sign_Memphis_TN

 

オハイオ州:Steak n’ Shake

steak n shake sign

 

イリノイ州:Steak n’ Shake, White Castle

White_Castle_Sign

 

この中だと、Carl’s Jr.は日本にも進出しているのでご存知の方も多いと思いますが、他のチェーンは日本であまり知られていないかもしれませんね。

この記事にもあるように、テキサス州では、Whataburgerというチェーンが最もメジャーなハンバーガーチェーンです。
2017年5月現在、アメリカ国内に821店舗のお店がありますが、そのうち663店舗、なんと全店舗の80%以上がテキサス州内。

このドミナント戦略により、Whataburgerはテキサンズにとって「ふるさとの味」といっても過言ではないぐらい、非常に馴染み深いハンバーガーとなっているのです。

whataburger food

テキサスらしく、ダイナミックなハンバーガー(裏メニューではなく、レギュラーメニューにトリプルミートバーガーが!)が楽しめるチェーン。
真夜中に急に食べたくなってもOKな、24時間営業です。

テキサスを訪ねたら、一度は立ち寄ってみたいお店ですね。